代表者 日下雅人からのメッセージ

この6月から名古屋事業所がスタートいたしました。

社長に就任して約4年ですがこの間、物流としては初めての新しい事業所の開設になります。兵庫県に本社事務所を構え大阪にしか事業所のない会社にとっては、新大阪から1時間もかからないとはいえ名古屋進出は大きなチャレンジです。

最初に「名古屋に出ていく行く気はあるか」とお客様にきかれた時は正直「興味はあります」程度の回答しかできませんでした。悩みましたが、やはり会社として一丸となって前向きに取り組むべきものが必要であろうと思ったこと、そしてなによりも名古屋にいって頑張ってみよう、という社員がいたことです。ただ、やはり、社員全員の日頃の働き具合や業務を通じてお客様の信頼を得ていることが最も重要です。そうでなければそもそも「名古屋にでていく、、、」のご質問はなかったと思います。

今回の件で何回か名古屋に出張できたのですが、ものづくりの都市名古屋を支えている人材を供給している多様なビジネスモデルがあるのに驚きました。さらに、名古屋と新大阪はわずか45分。 名古屋に単身赴任している従兄弟が週末毎に大阪の自宅にかえっているの聞いて「大変やなあ」と言っていたのですが、それほどでもない!とも思いました。リニアを2045年までまたなくても大阪と名古屋はもっと一緒に何かできる様な気がしました。名古屋のみなさま、よろしくお願いします。

数年前にスタートした飲食ビジネスは現在人材難の問題から閉店したり、店を譲渡したりしました。私の眼からみると、飲食ビジネスは非常に小規模な物流ビジネスでもあり、これにさらに営業活動が加わり。かなり高度な管理能力が要求されます。この経験はわが社にとって、飲食に携わったわが社社員にとってプラスであった、と思っています。そういう意味では、社員のキャリアとレベルアップができる会社にしていきたいと思っています。

最近恥ずかしながら物流に関するあるセミナーに参加させていただきました。豊富な実務経験を思っておられる講師のお話を聞いていて、物流の世界では、知識と知恵と行動をうまく結び付けていくことが重要だと思いました。もっとも、自分ができることは、知恵の提供ではなく、知恵が自然発生的でてくる様な現場環境を整えていくことだと思います。

≫名古屋事業所のご紹介

令和元年6月

株式会社日豊本社代表取締役社長日下雅人
株式会社 日豊本社
代表取締役社長 日下 雅人

日下雅人の略歴

昭和35年兵庫県尼崎市に生まれる
昭和60年三菱商事株式会社入社
おもに金属資源関係の業務に従事、ベネズエラ(カラカス)、オーストラリア(メルボルン)、中国(上海)に駐在。(平成23年まで)
平成23年株式会社日豊本社入社
平成27年同社取締役社長就任(現任)